ロゴ

生理痛の原因について理解!薬に含まれている成分なども確認

HOME>注目記事>つらい生理痛の悩みは専用の薬で解消できる

何が含まれているのか

生理痛を抑えてくれる薬には、様々な成分が含まれています。まずは、どのような成分が薬に含まれているのか調べておきましょう。

生理痛薬に含まれる成分

  • イブプロフェン
  • ブチルスコボラミン臭化物
  • アリルイソプロピルアセチル尿素
  • 無水カフェイン

どうして痛むのか

生理がくると、お腹が痛くなってしまう女性がほとんどでしょう。生理痛に悩まされてしまうのです。ここでは、基礎知識として生理痛の原因についてもお教えしていきます。

つらい生理痛の悩みは専用の薬で解消できる

服用

生理痛の主な原因

一般的に生理痛の原因として知られているのが、プロスタグランジンです。このプロスタグランジンには、子宮収縮作用もあります。プロスタグランジンが大量に分泌されることによって、痛みが発生するのです。また、生理中は普段よりも大量にこの成分が分泌されます。生理痛が重く感じる原因ともいえるでしょう。専用の薬で、痛みを和らげるしかないのです。さらに、体が冷えてしまうとプロスタグランジンの分泌量は増えるとされています。つまり、冷え性も生理痛を重くしてしまう原因だと言えるでしょう。

生理痛を和らげる方法

お腹

食事を変える

生理痛を和らげる場合、薬を服用する人が多いでしょう。また、薬だけではなく、食事にも気を付けると効果が高まります。例えば、冷たいサラダや生のフルーツ、カフェインなどを避けるのがベストです。さらに、豆乳や温野菜を摂取するのがいいと言われています。

体を温める

冷えによってプロスタグランジンが増えると生理痛も重くなります。そのため、体を温めるようにするのが生理痛を和らげるのに効果的なのです。入浴方法を工夫したり、ストレッチなどを行うことによって体が温まるでしょう。

ツボを押す

体には様々なツボがあります。ツボを押して刺激を加えることで、生理痛を和らげることができるでしょう。三陰交や腎兪、合谷といったツボを押すことで痛みが和らぐと言われています。ストレッチなどと合わせて試してみましょう。